婦人とベイビー

安心して利用できるベビーベッドの選び方|安い価格のものもある

スムーズな水分補給のため

ペットボトル

求めたタイミングで

赤ちゃんは、ある程度成長すると、決まった時間にミルクなどの飲み物を求めるようになります。ところが生まれて間もない頃は、消化機能が不安定な状態なので、多くの場合は体が水分を求める時間も安定していません。そのため育児する側は、赤ちゃんが求めたタイミングですぐに水分を与えることができるように、あらかじめ用意しておくことが大事とされています。ところが赤ちゃん用の水は、衛生状態を良くすることはもちろんですが、温度も適したものにする必要があります。具体的には、水道水を沸騰させてカルキを十分に抜いた上で、40度ほどに冷ますのです。この作業には、時間も手間も多くかかるため、その間は赤ちゃんは水分を求めて泣き続けます。それを回避するため昨今では、多くの人がウォーターサーバーを利用するようになっています。

蛇口から温かい状態で

ウォーターサーバーとは、水の入ったタンクと蛇口とが直結しているタイプの給水器です。このタンクには、一般的にはカルキなどの不純物が入っていないミネラルウォーターが入れられます。しかも保温機能がついているので、蛇口からは温かい状態で出てくるのです。つまりウォーターサーバーがあれば、赤ちゃんに衛生状態の良い適温の水を、すぐに与えることができるわけです。これにより赤ちゃんは、水分を求めて長く泣かずに済むようになりますし、育児する側のストレスも軽減されます。またウォーターサーバーの中には、水道管とつなげることのできるタイプのものもあります。この場合タンクには、不純物を取り除いた上で温めた水道水が入ることになります。そのためやはり、赤ちゃんにスムーズに水分補給をすることができるのです。